HOMEと呼ぶ海を持つ|横浜ダイビングスクール&ダイビングツアー【セブン】

特定したポイントで継続したダイビングを行うことは上達への近道です!

ダイビングを始めたら色々な海でダイビングを楽しんで欲しいと思います。ダイビング雑誌を始めとする書籍、インターネットやSNSで情報が溢れかえる現在、魅惑的なダイビングポイントを誰もが手軽に知ることが出来ます。大物と言われるジンベエザメやハンマーヘッドシャーク、ウミガメ、マンボウ、マンタなどダイバーに人気の生物を実際に見ることはこの上ない感動であり、ダイビングを始めて良かったと実感出来るでしょう。

Cカード(ダイビングライセンス)を修得したら、あなたはダイバーの仲間入りです。Cカードとは「バディと潜水計画を立てる」「バディとダイビングを楽しむ」ことが出来るものです。しかし現実ではまだまだダイビングを学び続けなければならないのが実情です。

セブンでは「ホームの海」と位置付けるポイントを選定しています。いわゆる「ホームグラウンド」です。この海域で継続したダイビングを行うことが「上達への近道」になります。毎回異なるポイントでダイビングを楽しみたいと思うかもしれません。でもそれは少しだけ我慢しましょう。ひとつのポイントを落ち着いて潜れるようになるまでは練習が大切です。同じポイントでダイビング活動を続けることは多くの利点があります。

  • ポイントに慣れることで、その日の大まかなスケジュールが想定できる。
  • 水中の景観や水深、潮流の在り方を理解出来るようになる。
  • 天候(風向き、波、潮見)によってどのように対処するかを学ぶことが出来る。
  • エントリー、エクジット方法がスムーズに出来るようになる。
  • 潜行と浮上、水中での高低差によるBCへの給気と排気、肺のコントロールが出来るようになる。
  • 施設の使用方法にも慣れてくることで、自身の持ち物も整理されてくる。
  • コンパスナビゲーションとナチュラルナビゲーションの練習になり向上する。

簡単に並べてもこれだけのメリットがあります。ひとつのダイビングポイントへ潜り続けることはダイビングを行う上で最適な練習方法なのです。

ダイビングを行うにはその日の海況判断を強いられることがあります。その為に伊豆半島の東伊豆と西伊豆に複数の「ホームグラウンド」を位置づけています。時には「プールでの集中した練習」も大切です。上達してくれば「ボートダイビング」もキチンと学びたいと思うことでしょう。プール施設のある「ホーム」、穏やかな水域の「ボートダイビング」「ビーチダイビング」が行えるように最適のダイビングポイントを「ホーム」としているのもセブンの特徴です。

 

上達しても楽しめるビッグポイントです!

横浜ダイビングスクール&ダイビングツアー【セブン】がホームと位置付ける海は、ダイビングを上達して行く中でも大変楽しめる海域です。現役の上級ダイバーでさえも唸らせる圧倒的な水中を楽しむことも出来ます。セブンのホームはビギナー時代の練習期間から中級レベルへ、そして上達後も納得の行く楽しさが待っています。あなたが中級レベルになる頃には、あなたにとってもその海域は「ホーム」になります。使い慣れた施設は「あなたの海の家」と同じになり、ダイブトリップで宿泊する宿も泊まり慣れた「我が家」のように感じるでしょう。「自分の〇〇」になった頃、ダイバーとして施設やボート、休憩所、器材洗い場や器材干し場の利用方法にも独自の思いやりや優しさが生まれます。その頃にはどのホームへ行っても現地スタッフとも顔見知りになり全ての事柄に対して、思いやりを持った行動を自然にとってゆくことが出来るでしょう。そうなればあなたは立派なダイバーです。世界のどこへ行っても「全てを大切にする心」で真摯にダイビングを楽しむことが出来るようになります。コンパスナビゲーションとナチュラルナビゲーションを上達させることで、いずれは「セルフダイビング」でバディや仲間たちとダイビングを楽しんで欲しいと思います。

 

セルフダイビングは料金を低くおさえることが出来ます。しかし「ただ安くダイビングを」という意識だけで安易にセルフダイビングを行うことは「リスク」が高過ぎます。セルフダイビングを楽しむには、しっかり「知識」と「技術(スキル)」を学ぶことが大切です。ダイビング保険へ加入することもダイバーとしての意識レベルで考えるべき所です。ダイビングスクールとしてセブンが望むのは「やがてセルフダイビングを楽しめるようになって欲しい」というものです。あなたの知識と技術(スキル)をしっかり磨けるようにセブンは全力でサポートをして行きます。

 

横浜ダイビングスクール&ダイビングツアー【セブン】のホームと位置付ける伊豆半島ダイビングポイント

  1. 宇佐美(東伊豆/伊東市/ビーチダイビング/ボートダイビング)
  2. 伊豆海洋公園(東伊豆/城ケ崎/ビーチダイビング)
  3. 熱川(東伊豆/東伊豆町/ビーチダイビング/プール)
  4. 土肥(西伊豆/伊豆市/ビーチダイビング/ボートダイビング/プール)
  5. 田子(西伊豆/西伊豆町/ボートダイビング)

セブンがホームグラウンドと位置付ける伊豆半島のダイビングポイント五か所です。各ポイント名をクリックすれば「専用ページ」へリンクしています。各ページではポイントの特徴などを紹介していますので是非ご覧になって下さい。

 

ご予約.お問い合わせ、資料請求はこちらからどうぞ

送信内容を確認したらチェックして送信してください。

 

<img src"diving-shop-seven7"="logo">

セブン
ダイビングショップ

TEL 045-432-5921
FAX 045-716-9221
携帯 090-3063-6323 (鈴木)
〒221-0005
横浜市神奈川区松見町3-933
since 2001

投稿日:

Copyright© 横浜でダイビングライセンス取得は【セブン】横浜ダイビングショップ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.