ダイビングと天候を学ぼう!

天候とポイント選び

ダイビングに行く計画を立てたら、あなたは何をしますか?

  • ダイビング器材
  • ログブック、Cカード、ダイビング保険証、筆記具
  • 私物の準備、水着やサンダル、着替え
  • ダイビングショップからメールで送られた「当日の予定表」を印刷
  • 同居人に「ダイビングショップの連絡先」「帰宅日、帰宅時間」を伝達
  • 携帯電話、カメラ、充電器など

まず何といっても「準備」ですね。忘れ物がないようにしっかりチェック。あとはダイビングの日を待つばかり。ほとんどのダイバーの方の正しい在り方です。セブンではもっとダイビング楽しむために「天候について学んでもらいたい」と思います。天候を学ぶと言っても、何も気象予報士を目指すわけではありません。ちょっとだけ、お天気に詳しいダイバーになってもらいます。伊豆半島のダイビングサイトは、東伊豆、南伊豆、西伊豆のエリアに分かれ、台風が直撃している日でも、どこかしらでダイビングを行う事が出来ます。それは何故なのでしょう?例えば、東伊豆のビーチポイントに、東からの風が吹くと海洋公園や川奈、富戸は波が高くなって来ます。が、宇佐美、八幡野は穏やかだったとか。熱川が潜水禁止クローズでも、となりの赤沢は穏やかにオープンとか。これって、実は「不思議」に思って欲しいポイントなんです。ここに興味を持つことが、ダイビングと天気を学ぶ上でとっても大切です。

チェックポイント

ダイビングに行く前に自分でチェックしましょう。

  • 行くエリアの天気 (晴れ/くもり/雨など、最高気温、最低気温)
  • 台風情報
  • 気圧配置
  • 風向き、風速、波
  • 沖合の海上の風
  • 潮、干満時の潮位
  • 現地サービスの発信する情報

セブンツアーで、利用する海は、真鶴半島、伊豆半島です。真鶴半島は南関東、神奈川県。小田原市、真鶴町、湯河原町をチェックします。伊豆半島は東海地方、静岡県です。熱海市、伊東市、東伊豆町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町など、自分が予定するダイブサイトをチェックします。

天気

晴れ、くもり、雨など、水中で体温が下がるダイバーにとって、陸の天候はとても重要ですね。雨、夏ならば何とかなる日もあるでしょうが、冬場はやっかいです。ダイブサイトの施設は雨を防げるか、大きなお風呂があるか、暖房設備があるか等も考えて選びます。

 

台風

台風が沖縄に近づくころ、伊豆半島も影響が出始めます。ウネリです。台風が日本列島を縦断する場合、ウネリはどんどんマシてゆきます。九州、沖縄方面から、伊豆七島方面から、台風は発生したエリア、気圧配置によってコースを変えてゆきます。

 

気圧配置

ダイビングに最も影響があるのは「低気圧」です。「熱帯低気圧」とは「台風の子供」のようなものです。子供のまま消滅してしまう場合もあります。「低気圧」は海に大きな影響を及ぼします。熱帯低気圧の進路を決めるのは「高気圧」です。夏の天気予報で「太平洋高気圧」という名前を聞いたことがあると思います。気圧配置は日々変わりますから、毎日チェックします。

  • 夏型の気圧配置・・・「南高北低」「東高西低」
  • 冬型の気圧配置・・・「西高東低」

 

風向き、風速、波

単純に「東伊豆」は日本列島で東北を向いています。しかし地形というのは、のっぺりしているわけではなく、凸凹していますね。この凸凹部分がダイブサイトになるわけで、東伊豆でもポイントによっては、西を向いていたり、南をむいていたりと、それぞれ異なるわけです。そして風速。風の強さです。波は台風がある場合、力の強いものになることがあります。風が強く波立っているときは、見た目ほど力がないこともあります。

 

沖合の海上の風

見落としがちな風です。天気予報の多くは、我々が暮らすエリアに対して予測、予報がなされます。海上、沖合の風は全く別物です。沖縄本島で北よりの強風が吹けば、南部のポイントは安泰と思いきや、南も大荒れ。こりは「陸上には北寄りの風が強く吹き付けます。海上沖合では南風が強く吹きます」という予報の日の実体験に基づくものです。

 

潮、干満の潮位

最も注意して、意識しなければならないのは「夏の大潮」です。満潮時には最も水位があがります。そして干潮の時には、ものすごく潮が引きます。潮が満ちる時間、引く時間を意識しまょう。潮が大きく引けば、海底が露出するわけです。水は遠くになります。足場の良くない海底を長く歩かなければなりません。潮が大きく満ちてくる時間に、エクジットが重なれば、陸に向かって力強く押し寄せる波に、体制を奪われることもあります。

 

現地サービスの発信する情報

真鶴半島、伊豆半島のダイビングサイトで、タンクや施設を提供してくれるのが現地サービスです。各地各施設のホームページやSNSサイトは、ほぼ毎日最新情報を発信しています。自分が考えているポイントをチェックしましょう。

 

ちょっとひとやすみ

ここまで読んでくださった方は、ダイバーとして、ひとまわり成長した方です。この話をキチンと理解すると、「目からうろこが落ちた」といわれます。ポイントのリクエストが、どうして叶わなかったのか・・・。あの時、こういう事情があったのかも・・・。と、ダイバーとして過去を振り返った時に、そんな思い出が蘇るひともいます。

 

ある日のシチュエーション

よくあるリクエスト

  • 伊豆海洋公園に行きたい。
  • 伊豆海洋公園じゃなければ行かない。

リクエストした理由

  • 以前行って、施設の雰囲気が好きだから。
  • 行ったことが無いから。
  • 雑誌で読んで興味がある。

チェックポイント

  • 自分やバディのスキルを考えましょう。
  • Cカードのランクを確認しましょう。
  • 経験本数を確認しましょう。
  • 前回のダイビングとの期間をみましょう。
  • 自分やバディの年齢、健康状態を確認しましょう。

予測をたてる

  • 全ての情報を集めてみます
  • 夏の大潮の干潮がam08:40
  • 台風が九州に接近しています
  • 風は北東風 1m
  • 海上沖合の風は南風4m
  • 台風の影響で弱いウネリあり
  • 自分とバディの経験変数はお互い20本
  • NAUIスクーバダイバー(Cカード)
  • 一年振りのダイビング
  • 海洋公園は初めて

考えられること

ダイビングの一本目エントリー時間は、大体9:40位。ほぼ干潮になります。海洋公園の潮が引くと、足場が悪く、苔がむき出しになり、大変滑りやすくなってしまいます。潜行開始する最初の水深は3m弱。台風によるウネリがあるという情報から、海洋公園の浅いエリアは、相当力強い揺れが予測出来ます。さらにエクジットする時間には、潮が満潮に向かって動き始めますから、力強い波がグイグイと押し寄せ、経験本数の浅いダイバーにとっては、大変な苦労になります。

 

エントリー、エクジット

ビーチダイビングにおいて、最も危険が潜んでいるのは「エントリー(はいるとき)」「エクジット(あがるとき)」です。水位が膝のあたりで、強い波があれば、ダイバーはひとたまりもありません。装備をしっかり身に着けず、エントリー間際でグローブをしたり、水に入り始めてからBCに空気を入れたり、マスクの曇り止めをしたり・・・。夏の海でよく見るダイバー達のあるある話です。そして、強い波に足元を取られてスッテンコロリン。次に続くダイバーは浅瀬で待たされる為、同じようにスッテンコロリン。これは夏の伊豆海洋公園でよくみる光景です。

 

自分のスキルに見合った海へ

ダイブサイトにはそれぞれ特徴があります。「行ったことがないから」「雑誌で見て行ってみたいと思った」。理由はそれぞれあるでしょう。それらを否定はしません。セブンはその日最も良いと思われる海へご案内しています。天候を調べ考える。合わせてダイバーの技量も考慮する。そしてポイントを予測立てする。ダイビングを楽しむうえで大切なことです。天気よく、風も弱く、波も低く、台風も低気圧もない。そんなダイビング日和もあれば、荒れた天気のダイビングもあります。様々な状況を考えながらどうするかを判断することで、今まで以上にダイビングが楽しいものになります。

更新日:

Copyright© 横浜でダイビングライセンス取得は【セブン】横浜ダイビングショップ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.